【婚活アラサー女性】今が活動の黄金期/結婚につながる4つの秘訣

アラサーで婚活している後ろ姿の女性

アラサーの婚活 パーティー行ってる場合じゃない

<img src="https://sutamari-lab.com/wp-content/uploads/2019/01/1956fc0e4ef70702e61d5a62d5c6167d.jpg" alt="アラサーとスマホ" width="1280" height="853" />

 

もしあなたがアラサーであれば、今が最高の婚活適齢期と思ってください。

アラサーになると婚活に真剣味が増し、婚活ブログを読んでみたり、

パーティーなどで婚活し出会いを探す方も多いですね。

ところが、パーティーでは『なかなかいい男、結婚目的で参加している男がいない』と

次のステップで結婚相談所に登録して、婚活する方が増えるのがアラサー世代です。

 

ところで、アラサーの定義も改めて調べると諸説紛々で、

多分誰も断定できる確実なものはないのでしょう。

その上で、27 才から33才と定義するのであれば、

アラサーは一番良い出会いがある年代と言えるでしょう。

 

様々なところで、30才になったら婚活にはもう手遅れ、のようなことが書かれたり、

実際にご本人がそう思っている場合もありますが、決してそんなことはないと断定できます。

本当です。

アラサー、アラフォー、あるいはアラフィフ世代の女性達の婚活を

お手伝いして来たからこそ言える言葉と信じて頂いて構いません。

 

それでは34才、35才の方々はどうかと言えば、ご本人の魅力次第という側面はありますが35才までは

36才以上の女性達から見れば、とてもラッキーな婚活になります。

個人差は勿論ありますが、現実的にお相手探しが大変になるのは36才からです。

 

では、その婚活適齢期のアラサー女性の婚活を成功させるために、

多くの方が抱える問題点とアドバイスを書いてみたいと思います。

 

ラブと書かれたガーベラ

 

目次

アラサー女性が婚活に成功するための4つの秘訣

1、いい男は回転が早い!!

2、アラサー女性が割り勘に傷つくのはなぜ?

3、結婚後の女性の仕事について話し合う

4、アラサー女性は恵まれている!?

まとめ

 アラサー女性が婚活に成功するための4つの秘訣

手でハートを作る恋人

 

1  いい男は回転が早い!!

ある女性は婚活を始めると、

『結婚相談にこんなに素敵でハイスペックな男性がいるとは思ってもいませんでした』

『今日お見合いした方は、過去出会った方の中でも最高に素敵な人でした』と驚きます。

大抵はご自分もかなり好条件の女性です。

 

女性で好条件とは容姿、学歴、職業、家柄などバランスよく良いと言うことです。

30代後半以降の女性はこれに高年収が加わればとても有利になりますが、

あなたがアラサーであればまだ高年収であることは然程必要ではありません。

かたや、結婚相談所はハイスペックではあっても、性格がおかしいか話も出来ない、

目も合わせられない自分勝手で変な人しかいないので辛いと仰る方もいます。

 

ありきたりな例えで申し訳ないのですが、木を見て森を見ず、だと思います。

実はどちらのタイプの男性も〝実際に存在する、ということです。

 

前者の男性達は大変人気が出ますし決断力もありますから、

婚活の最初の頃に良い方に出会い早々に婚活を卒業して行きます。

 

故に、いつまでも残っている方は、後者タイプが多いということになります。

どんな人でも、相性の良い人と出会えれば結婚出来ますが、

自分で芽を摘んでいるのでいつまでも婚活を卒業できないと言うことです。

 

声高に変な人しかいないと言うことは、ご自分がそう言う人にしか出会えていないと

自分を貶めることですから控えた方が良いですね。

変な人に当たってしまったら、いくら高年収高学歴な男性でも自分には合わない人もいる、

勉強のうちと思って気持ちを切り替えて頂きたい。

怒ってもこだわってもどうにもならない部類の問題です。

(どんなに幸運で素敵な女性でも、一人や二人はそう言う人と出会っていますよ)

 

ご存知ないかもしれませんが、結婚相談所は昔から連盟でお互いが繋がっており、

他社の会員様とのお見合いや結婚が出来ることが当たり前のシステムの世界です。

それなら、どこで活動しても同じと思う方もいらっしゃいますが、

結婚できる確率も、料金も、内容も、全てが違っていますから、

担当者との相性を含めしっかりご検討することをお勧め致します。

 

当社では、会員様からの情報を元に、乱暴な言動の方、不真面目で遊び目的な方を避けて

お見合いを組んでいますが、新入会者や今まで当社会員とお見合いをしたことがない方などは、

情報がないのでお会いしていただくしかない場合もあります。

もちろん、相性の問題もありますから、ただ単に感じが悪かったという理由では

その方をブロックは致しません。

少し様子を見させて頂きます。

 

そこで度々あることは、ある方にとっては最低の男性だったのに、

ある方には素敵な方と評価が変わる場合も多々あることです。

きっと好みかどうかでお互いの態度が変わるのではないかと、要は相性の問題ですね。

 

ここをチェック!

入会まもない男性は前向きでお見合いも成婚にも至やすい。

 

新会員に遠慮せず申し込むこと!

 

アラサーのあなたならまだ同世代から30代後半ハイスペック男性と出会えます。

<img src="https://sutamari-lab.com/wp-content/uploads/2019/01/IMG_6640-1.jpg" alt="アラサー寂しそうに噴水を見ている" width="1280" height="853" />

 

2 アラサー女性が割り勘に傷つくのはなぜ?

どの年代の女性も言えることはありますが、アラサー女性は一般的には男性以上に

高年収である確率は低く、反対に高年収の男性とお見合いが組める年齢のため、

二人の年収差は多くの場合2-3倍となります。

 

結婚相談所でなくとも、勤めている会社等で相手の年収は想像がつくとは思いますが、

結婚相談所のプロフィールで男性は年収表記が必須ですから更にあからさまです。

要するに、この男性は自分の3倍稼いでいると分かってデートする訳です。

 

そこで、1000円くらいのランチならきっと奢ってくれるだろうと期待してしまうのは、

甘いと言えばそうですが仕方ない部分があるのではないでしょうか。

年収400万円の方の1000円と年収1200万円の方の1000円は同じ1000円であってもその価値は違います。

税金を引いて手取りで考えて、両者のおおよその収入差は2.7倍くらいなので、

年収400万の方の1000円は年収1200万円の方の370円くらいでしょうか。結構違いますね^^;

勿論、こんな計算はしていないので男性の方はご安心ください。

ただ、実際計算はしなくとも、感覚的に思うからこそ割り勘のご相談は男性が思う以上に重めになります。

 

更に言えば、お金を稼げる人は無駄な出費をしない、という固定観念もあります。

女性からすると、たった1000円さえ出して貰えないと言うことは、

相手にとって自分は出す価値もない女とジャッジされているように感じてしまうから悲しいんです。

女心を分かっている男性は上手に出すところは出すので、モテが集中してしまうのですよね。

 

端数の1円まで請求する男性を女性は最も嫌悪しますし、「1000円で良いよ」と言えば

1000円で良い?はぁ?・・・」と思うのが女性。

女性にデート代を請求することは、婚活においては最も危険な行為だと言うことです。

 

割り勘に傷つきこだわる女性は、それが原因で交際を終了することもとても多いのですが、

出会いの始めの一番盛り上がっている時期でさえそうなら、

結婚後の生活が透けて見えると言う部分まで感じているのでしょう。

やはり女性はお金に余裕のある生活が送れる、

もっと言えば自分にお金を使ってくれる男性と結婚したいのが本音です。

 

それでも時代は徐々に変わっているようです。

高年収でも割り勘、あるいは一部を支払わせる男性が増えていると感じます。

 

今はまだご結婚の決まったカップルの多くは、男性がデート代を持ちお礼に女性が何かお返しをする

というパターンですが、今後は変わって行くのでしょうか。

 

ここをチェック!

贅沢に慣れたアラサー女性達と、新たな世代のお金はあっても割り勘派の男性達達の考え方の違いが徐々に開いているようです。

 

割り勘に強い嫌悪感を抱かないよう、気持ちを変えてみる。

<img src="https://sutamari-lab.com/wp-content/uploads/2019/01/9c79233c026e895a14e1b5057f406ae0.jpg" alt="赤い糸で繋がれた二人" width="1600" height="1064" />

 

3 結婚後の女性の仕事について話し合う

最近は女性もやりがいのある仕事を持ち、イキイキと取り組んでいる方が多いので、

本音は結婚後も続けても良いかなとは思っていたりします。

しかし、何と言っても結婚生活は未知の世界ですから、

自分が果たして仕事を続けながら主婦業もこなせるのか、とても不安があるのも事実です。

 

男性が奥様に仕事を続けて欲しいと思っている場合、

何を手伝ってくれるのか明確にして貰えると安心出来ますね。

そこをパートナーとしっかり話し合って役割分担出来れば良いのですが、

そう言う話が出来ず男性が一方的に仕事を続けて欲しいとお願いする場合は、

女性側はかなりの不安と不満を抱えることになります。

 

そもそも、多くの女性の願望は「仕事は辞めるも続けるも君の好きにして良いよ」と

言われたい願望があるのです。

絶対続けて欲しいと言われるとプレッシャーから相手を頼りない人と思ってしまうし、

辞めて家庭に入って欲しいと言われると息苦しく感じてしまう、男性からすると面倒臭くて

謎の世界だと思うのですが、それが女心というものです。

なかなか言い出せない方も多いようですが、

結婚前にしっかり話し合ってクリアにして置きたい大きな事柄です。

 

つい先日も、ある男性が周りで夫のキャリアのため好きな仕事を諦めなければならない

同僚の奥様たちをいつも身近に見ており、

自分のパートナーにはそうなって欲しくないという思いで、

結婚後は仕事を続けて欲しいというお話をしたところ、

一旦は家庭に入って主婦業をしっかりしたい女性には

価値観が違うのではないかと誤解された出来事がありました。

その男性は専業主婦になってもらうことにも全く抵抗なかったのです。

 

男性の真意が分かればすぐに解ける誤解なのですが、

行き違ったまま上手く行かなくなったら怖いことです。

とにかく、なんでも話し合える関係を早く築いて行くことが大事ですが、

もしお互い遠慮があって自分では言えない場合は、是非担当のカウンセラーを頼ると良いと思います。

こういう誤解を解いてご成婚に繋げるのがカウンセラーの仕事の醍醐味ですから。

 

ここをチェック!

女性の結婚後の仕事や結婚後のお金の分担について腹を割って話し合おう。

<img src="https://sutamari-lab.com/wp-content/uploads/2019/01/IMG_2801.jpg" alt="アラサー女性が男性にプレゼントを渡す" width="幅" height="高さ" />

 

4 アラサー女性は恵まれている!?

アラサー女性は月に何十人かへ申込めば必ずお見合いが出来ます。

少し相手の年齢を上げればかなりの高条件の男性にもOKして貰えます。

それでも、もっと年齢が近いと良い、もっと年収が高いと良い、

もっと容姿が良いと嬉しいと、ついつい無い物ねだりしたくなりますね。

グッと堪えて欲張りすぎないことも教養であり知性であり、より良い人生を歩める一歩だと思います。

 

アラサー女性はアラフォー以上の女性に比べてとても恵まれています。

自分では他の年代の方々と比較して活動を客観的に見られないため分からないだけです。

 

よくこう思います。

活動中のアラサー女性がお見合いの調整スタッフとして中から眺めたら、

自分の立ち位置や自分の活動の優位性が分かって、きっと婚活が上手く行くのに、と。

 

勿論、連盟では活動している人の業務は認めていませんので無理な話なのですが。

アラサーの今上手く行かないなら、

アラフォーになればもっと辛くなることは火を見るよりも明らかです。

 

辛さを先延ばしして良いことなど一つもありません。

女性が多い市場ですから、男性より頑張りも必要ですし、期間が長くなる傾向は致し方ないのですが、

それでもチャンスが来たらしっかり掴むことが大事です。

 

コツコツ毎月きちんとお見合いを申し込む、お見合いではいつも新鮮な気持ちで相手と向き合う、

相手の良いところ見つける習慣を付ける、大事なのは相手を〝男〟として最初から見ずに、

人としてどうかというところから入った方が間違えないと思うのです。

ますは人として尊敬できれば夫婦として最高です。

たとえ、最初の情熱が落ち着いても尊敬の念が消えない限り絆が切れることはありません。

愛情が冷めるのは、たいていは相手を尊敬出来なくなった時です。

 

そして、お申し込み→お見合い→複数交際→真剣交際→プロポーズ→成婚という

ループに自分を乗せましょう。

一からやり直ししても大丈夫!何度も挫けず続ければ上手く行かないはずがないのです。

毎月、ご結婚が決まって送り出す会員様が実践して成功していらっしゃることですから、確実な方法です。

 

ここをチェック!

アラサーで活動を始めた自分をまずは褒めましょう。あなたはとても恵まれています。

 

女性だから、などの考えを捨てて、お申し込みをすることが一番大事!

<img src="https://sutamari-lab.com/wp-content/uploads/2019/01/IMG_5258-e1548608404519.jpg" alt="アラサー女性がジュースを手にする" width="1030" height="686" />

 

まとめ

30代後半のエリート男性にお話を聞いて見ました。

プロフィールのどこを見てお見合いするかしないか決めますか、と。

また、希望年齢の範囲は何才から何才までですか、と。

答えは、同世代までの女性なら自己紹介文や担当者の紹介文がきちんと書かれていて、

価値観が合えば会いますが、数行でいい加減だったら会いませんとのことでした。

 

高学歴で頭の良い男性ほど、上記のような傾向はあります。

単に写真だけ、年齢だけ見て飛びつく、そういうことではないようです。

 

また女性の年齢については、本音を言えば年下の方が希望です、と教えて下さいました。

ただし、先ほど書いたように文章でグッとくれば同世代まではチャンスがあるようです。

あなたがアラサーなら今が最高の頑張り時です。

 

もっと若い時に活動を始めていれば、などと後悔している暇があったら、

今すぐお申し込みをして下さい!

何十人、それでダメなら何百人でも申し込むことです。

お見合い申込みは、いつでもどこでもスマホで簡単に出来ますから時間も短縮できます。

あなたが今お見合いしているような方々とは、年齢が上がれば会えなくなります。

時間はあっと言う間に過ぎてしまい、今がどんなに貴重な時期であったのか、

後で気づいて悔しい思いをしないよう今頑張りましょう!

 

by   Rieko  Matsuoka

合わせてお読みください。

結婚相談所の成婚ブログ/幸せ溢れたお手紙

35歳の医師と29歳のエリート女性のご成婚

Instagram のフォローお願い致します♡

ご成婚カップルのお写真や、他にインスタだけの写真掲載中♡是非フォローお願い致します!!