夏デートの服装選び ご自分のパーソナルカラーを知っていますか?

婚活デートの夏服選び方

暑くなってくると肌の露出が増えて、お見合いやデート、パーティーでの衣装を選ぶのに苦労する方も多いと思います。

〝2019春夏のトレンドカラー〟はパステルカラーよりもっと淡い色合いのペールトーンがトレンドだそうです。

顔色を華やかに見せ若々しさをアピールする暖色系のピンクやオレンジなどに限らず、寒色系のミントグリーンやブルーもペールトーンであれば、若い女子から大人の女性まで幅広い年代で使えます。

大人のメンズ向けのファッショントレンドは、2016年から続くビッグシルエットやオーバーサイズでゆったり着こなすスタイルや、テーラードスタイルも人気が高いです。トレンドカラーは、ペールトーンやライトグレイッシュトーンなどの明度の低いグリーン系やベージュ系です。

優しい色合いで大人の包容力を演出します。

 

男性も女性も今年はペールトーンなどの優しい色合いが流行色となっています、と聞けば、ファッションにもその色を取り入れたくなると思います。

しかし、流行色だからと言う情報をそのまま鵜呑みにして使っても良いものなのでしょうか?

大事なデートの服装について、書いてみたいと思います。

           目次

流行の色と似合う色は違う パーソナルカラーを見つけよう

パーソナルカラーとは

    スプリング(イエローベース)

    サマータイプ(ブルーベース)

    オータム(イエローベース)

    ウィンタータイプ(ブルーベース)

それぞれのタイプ別の似合う色、似合わない色

夏デートの服装選び ご自分のパーソナルカラーを知っていますか?のまとめ

流行の色と似合う色は違う パーソナルカラーを見つけよう

パーソナルカラーを着ている女性

流行の色だからといって考えずに取り入れてみたら、なんとなく違和感を感じるコーディネートになってしまった!と感じたことがあると思います。

ご自身の好みもあると思いますが、服装を決める際には流行色、自分の年齢や体型、髪型や髪色に合わせて選ぶと思います。

しかし、目の色や肌の色にあった服装を選ぶということを意識したことはありますか?

実はパーソナルカラーといって、生まれ持った肌・瞳・髪の色(ボディカラー)によって決まる似合う色があります。

あなたの生まれ持った、頭髪や、瞳、唇などの色と雰囲気に似合う色(カラーパレット)は「春:スプリング、夏:サマー、秋:オータム、冬:ウィンター」の基本の4タイプに分かれています。

パーソナルカラーを身に着けることで、肌に透明感が出たり若々しく健康的に見えて、上品であか抜けた印象を与えます。

さらに、肌の色との相性が良い色なのでフェイスラインがすっきり見えて小顔・美顔効果も期待できます。

この見た目の効果に加えて、服装があなた自身とマッチするので褒められることが多くなり自信につながります。

また、似合う色と似あわない色がはっきりわかるので、服や小物、女性であればルージュやチークなど似合わない色を買ってしまう失敗がなくなり、節約効果もあります。

パーソナルカラーを無視して苦手な色を知らずに身に着けると、シミやしわやほうれい線などが目だったり、お肌がくすんで老けて見えたり疲れて見えたりすることもあり、下品に見えたり厳しそうな印象を相手に与えることもあります。

身に着ける色を正しく選んで着こなせば、周りに与える印象は大きく変わります。

パーソナルカラーを知ることでコーデの楽しみも増えますし、婚活でも良い結果を残せるようになると思います。

 

自分に似合う色 パーソナルカラーとは

パーソナルカラーを調べるパレット

一般的に似合う色とか好きな色と質問すると「黄色」とか「赤色」とか代表的な色を指定する人がほとんどだと思います。

しかし、同じ赤でもエネルギッシュでビビッドな赤なのか、落ち着いて高級感漂うワインレッドなのかで印象は全く異なり、黄色と言ってもレモンの様な青みがかった黄色か、ひまわりの様な暖かみのある黄色なのか、でも違うのはわかりますよね。

パーソナルカラーを知ることで、こういった赤や黄色でも自分に似合う赤や黄色と、似合わない赤や黄色の特徴がはっきりわかるようになります。

パーソナルカラーで似合う色を大別すると、温かみのある黄色味を含んだ色の似あうイエローベースと涼しい印象の青みを含んだ色が似あうブルーベースの2種類に分けられます。

さらに、似合う色の明るさで分けたものが季節の名前の付いた「春:スプリング、夏:サマー、秋:オータム、冬:ウィンター」の4種類になります。

それではそれぞれの季節毎にパーソナルカラーに当てはまる人の特徴と、それぞれにどんな色が合うのかを紹介して参ります。

 

スプリング(イエローベース)

春に綺麗な花にとまる小鳥

春に咲き誇る満開の花を思わせる、明るくクリアな色が良く似合います。

スプリングタイプの人は、全体的に明るい雰囲気で可愛らしさもあることから、実年齢より若く見える人が多いです。

 

〇スプリングタイプの人の特徴

明るい髪色が良く似合う人で、もともと髪の色の薄い人も多く、カラーリングした後もすぐ色が抜けてしまいます。

陶器のような白い肌で、すっぴんだとちょっと調子が悪そうに見え、貧血と間違えられます。

また、目の下に青いクマができやすいです。

日焼けをすると明るい茶色になるが、肌が弱くてすぐに荒れてしまいます。

そばかすが多かったり、小鼻の周りの赤みが気になる人が多く、瞳の色は明るい茶色で瞳孔と虹彩の境目がはっきりわかり、唇はオレンジがかったピンク色です。

〇スプリングタイプに似合う色

コーラルピンクや、ペールオレンジ・黄色・黄緑、ソフトで華やかな色が良く合います。

ベーシックカラー(男性のジャケットやアウターにもおすすめの色)は、明るいベージュやブラウン

〇スプリングタイプの苦手な色

明度や彩度の低い地味な色、黒系。オーソドックスなスタイルが苦手です。

 

サマータイプ(ブルーベース)

夏の綺麗な海

初夏を思わせる、淡く青みがかった明るい色や、グレイッシュトーンの色が良く似合います。

サマータイプの人は、爽やかな中にも、上品でエレガントな印象の方が多いのが特徴です。

 

〇サマータイプの人の特徴

髪の毛は色が強すぎないマットな黒髪です。

肌は薄く、透き通った肌で青みがかっていて血色は良いとは言えず、疲れているときは目の下に茶色いクマができます。

瞳は優しいブラウンからブラック、白目とのコントラストが少なく、唇はローズ系のピンクで光沢が少ないです。

アクセサリーや小物はゴールドよりもシルバーが似合います。

〇サマータイプに似合う色

ベビーピンクやパステルイエロー、青みを基調とした、薄く柔らかな色でスカイブルー、ライラックなど。

ベーシックカラー(男性のジャケットやアウターにおすすめの色)は、グレー、ネイビーです。

〇サマータイプが苦手な色

マスタードなどの黄色系で彩度の高い色、ビビッド系。

モスグリーンなどのダークトーンも苦手です。

 

オータム(イエローベース)

秋の黄色い葉っぱ

秋の紅葉をイメージさせる、深みのある輝度の低い色やスモーキーな色が良く合います。

オータムタイプの人は、知的で、大人っぽい雰囲気の人が多いのが特徴です。

スプリングタイプと同じイエローベースですが、春のパステルに対して秋のダークトーンやディープトーンになります。

 

〇オータムタイプの人の特徴

髪はダークブラウンから黒に近い深い色合いが多く、肌は冷たい印象の少し濃い色でオレンジ系のチークが良く似合います。

ノーメイクだと顔色が悪く見えて貧血と間違えられることがあり目の下に青いクマができるタイプです。

毛穴の汚れやニキビなどの肌トラブルは少なくて、瞳はダークブラウンで目の印象は強いです。

〇オータムタイプに似合う色

重厚感のある暗い色、濃い色が良く似合い、カーキ、テラコッタ、れんが色、マスタードなどがおすすめです。

ベーシックカラー(男性のジャケットやアウターにおすすめの色)は、落ちついたベージュやブラウンです。

〇オータムタイプが苦手な色

青みが強い色(ロイヤルブルー・バイオレットなど)・淡い色・ビビッド色などが苦手な傾向にあります

 

ウィンタータイプ(ブルーベース)

冬の雪山

冬のようにコントラストがはっきりした色や暗い色が似合います。

ウィンタータイプの人は、クールでシャープな印象で、独特の雰囲気を持つ人が多いのが特徴です。

 

〇ウィンタータイプの人の特徴

髪は艶感のある黒色や透明感のある濃い茶色、ダーク系の髪色が良く似合います。

肌は真っ白な肌、あるいはしっかり地黒かの両極端で髪質同様、肌質も艶があります。

瞳は黒く、力強く唇は滑らかで張りがあります。

疲れていると目の周りに茶色いクマができ、ノーメイクで調子が悪いときは肌全体がくすんで見えやすくなります。

〇ウィンタータイプに似合う色

青みを基調とした、濃くはっきりとした色や、鮮やかな赤・青・レモンイエロー、フューシャピンク、深緑、ワインレッド、モノトーンなど。

ベーシックカラー(男性のジャケットやアウターにおすすめの色)は、ネイビー、グレー、ブラックです。

〇ウィンタータイプが苦手な色

黄色味が強い色・曖昧な中間色・ぼんやりとした色・薄い色などが苦手な傾向にあります。

 

それぞれのタイプ別の似合う色、似合わない色

パーソナルカラーを買い物する女性

夏もこれから本番ですが、雑誌などの「この夏おすすめのコーデ ランキング」などをそのまま当てはめて服選びをしてはだめですよ。

しっかりご自身のパーソナルカラ—を踏まえたうえでTPOやスタイルに合わせた洋服選びをしていきましょう。

 

●各季節毎の若々しく見えてお相手の方に好印象を与えやすくなる色

  1. スプリングタイプの方はパステルカラーの華やかな色
  2. サマータイプの方は涼しげな寒色系のやわらかな色
  3. オータムタイプの方はディープトーンの高級感のある暖色系の色
  4. ウィンタータイプの方は濃くてはっきりした色合いのもの、黒系の色

●似合う色とは反対に老けて見えたりきつく見えたりマイナスの印象を与えやすくなる色

  1. スプリングタイプの方は地味な色や黒系
  2. サマータイプの方は黄色を基調としたはっきりとした色
  3. オータムタイプの方は青みがかった色やビビッドな色
  4. ウィンタータイプの方はぼんやりとした淡い色

 

この夏はパステルカラーがトレンドなので、スプリングタイプやサマータイプの人の服選びはしやすいと思います。

かたや、深い色合いの似合うオータムタイプや濃くてはっきりした色の似あうウィンタータイプは、トレンドカラーを着てしまうと違和感が出てしまいそうですので、挿し色や小物に使う程度にとどめておいた方が無難かと思います。

 

夏デートの服装選び ご自分のパーソナルカラーを知っていますか?のまとめ

似合う色で木漏れ日の中をデートする

ご自身のパーソナルカラ—を知っていると自分の印象を良くするだけでなく、パートナーのファッションにもアドバイスができるようになるかも知れません。

お洒落な人というのはどこに行っても評価は高いものですから、あなたのアドバイスでお相手の魅力を引き出し外見の評価が上がれば、あなたへの印象も良くなります。

是非、この夏はパーソナルカラ—を意識したコーディネートで婚活を成功に導いてください。

記載したパーソナルカラ—の特徴は、基本的に多くの人に当てはまるものを上げています。

より詳しく調べてほしい方は、専門のパーソナルカラー診断を受けてみてくださいね。

このブログが婚活の一助になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スタマリラボ編集チーム Sotaro

Instagram のフォローお願い致します♡

ご成婚カップルのお写真や、他にインスタだけの写真掲載中♡是非フォローお願い致します!!