男性も女性も婚活する人必見!ミラーリング効果で親近感を感じさせ好感度アップ

婚活の心理を考える帽子の女性

男性も女性も必見!婚活の心理テクニック

目次

男性も女性も必見!婚活の心理テクニック

おうむ返しのミラーリング効果

心理的優位なホームグラウンド効果

好印象や強さを与える視覚効果

婚活の心理テクニックのまとめ

 

モノトーン 肩を組む恋人

結婚をする、という目標に向かって少しでも有利に効率よく進めたいと思い、婚活に心理術のテクニックを活用して何とかして相手の好意を引き出したいとする方もいらっしゃると思います。

初対面やまだ出会って日が浅い人と打ち解けるのが上手な、周りの人から見れば羨ましいような人になれる方法です。

テクニック法だけで結婚出来る訳ではありませんので、むやみやたらに使うのはあまりお勧めできませんが、自分の行動や相手の行動がどういう心理が反映して行われているか、また、こういう行動すると相手にこういう印象を与える、ということを知っていると好意の判断のポイントになったり、好印象を与えるきっかけを知ることができるので心理学に基づく行動パターンを知っておくことは婚活にも良いと思います。

男性も女性もデートでは少しでも良く見てもらいたいものですが、力が入りすぎて空回りしてしまうということも良くあります。

 

心理術のテクニックは相手の方に良く思ってもらえるコツの様なものでもありますが、婚活などでの心理術の本質は自分と相手が安心して話せる雰囲気を作ることにあります。

相手のこと(好きな人のこと)を深く知りたい、観察する、相手が話しやすいように、力が入りすぎて空回りしないようにするためのアピールのコミュニケーションツールであることを知っておいてください。

 

しかし、恋愛においても有用なツールであることは間違いありません。

しかもこれは20代でも30、40代50代でもあらゆる年代に有効なツールです。

例えば、あとで詳しく紹介しますが、ミラーリング効果というものがあります。

好意を持っている相手には無意識に同じ行動をとりやすいというものがあります。

食事中自分と同じタイミングで飲み物を飲んだり、食べ始めたりする場合はこれに当たる可能性が多いです。

こうしたサインやシグナルに気づけば押していっても良いなどの判断基準にも出来るので恋愛テクニックの一つとして有用です。

 

たくさんの種類がありますので男女ともに仕える心理テクニックを複数回にわたってブログ記事で紹介したいと思います。

今回はミラーリング効果、ホームグラウンド効果、好印象を与える視覚効果について紹介します。

 

おうむ返しのミラーリング効果

ハートのチョコ手渡し

「姿勢反響」、「同調効果」、「ミラー効果」とも呼ばれるこの心理効果は、アメリカの心理学者ルイスによるとビジネスの場においても非常に効果的であるとしています。

営業での交渉に用いれば同意を得られる確率が50%も向上した、実演販売においては購入の機会が2倍近くも増えたと報告されています。

人間は無意識のうちに自分と同じ行動をする人を仲間と認識するようにできており、安心感や信頼感に繋がりますので恋愛の駆け引きにおいても有効です。

 

婚活パーティーや合コン、結婚相談所での見合いや食事などの相手と対面してやり取りをする場合に相手の仕草と同じような仕草を真似して同じようなタイミングで意識してとることで、信頼関係を築きやすくなります。

 

カウンセリングにおいても患者とカウンセラーがラポール(信頼関係)を気づくのにもつかわれる技法ですので、実績のある心理術と言えます。

 

しかし、あまりにも露骨にやりすぎると目について、親近感どころか嫌悪感を抱かれますので注意してください。

あくまでさりげなく行うのがポイントです。

 

やり方はごく単純で、相手が飲み物を飲んだらこちらも飲む、足を組み替えたら真似てこちらも組み替える、相手と同じ行動をとるのです。

さりげなさが重要ですが、脳が無意識のうちに認識してくれるので、いつの間にか共感が得られやすい状況になり、その結果好印象につながります。

 

この手法の応用で、「おうむ返し」というものもあります。

言われた言葉と同じフレーズを使って返答をするというものです。

これもミラーリング効果と同じ効果を得られます。

例えば「今日はいい天気ですね?」に対して、「そうですね、いい天気ですね」のように同じフレーズを使って返事をします。

これもミラーリング効果と同じで、あからさまに行うと相手は馬鹿にされているように受け取ることもありますので、

自然に行えるように少し話し方の練習をすると良いでしょう。

 

また、似た心理効果として、ペーシングというものもあります。

ペーシングはしゃべる速さや身振り手振りの大きさや頻度、声のトーンなどを相手に合わせて、同調効果を得るものです。

相手の呼吸に合わせるのは肩やおなかをみれば上下に動いているのでペースがつかみやすいです。

 

このテクニックはNLPと言われる神経言語プログラムの仕組みを応用して潜在心理に深く働きかけるものです。

相手の話が盛り上がっているときは、一緒に盛り上がって声のトーンや大きさを合わせてみる、

相手にリラックスしてゆっくり落ち着いたトーンで話しているときは声のトーンを落として同じリズムでしゃべるようにする。

このような感じで、ミラーリングと似ていますが、話す際の会話のリズムやトーンが一緒になるとより安心感を持ちますので、印象がより良くなります。

 

このミラーリング効果は、本来は無意識に出る行動とされています。

安心や、信頼のおける仲間と一緒にいると自然に同じ行動をするようになるということですので、このことを知っていると相手が無意識のうちに自分と同じ行動をとっていたら、あなたに本音で好印象を持っていると考えられます。

ミラーリング効果を理解していると、相手の自分に対する好意を推し量ることができますので、脈あり・脈なしの判断の材料の一部にはなると思います。

 

しかし、ミラーリング、ペーシングを使う際に気を付けなければいけないことは「さりげなく」ということもそうなのですが、相手を尊重し、話しやすい雰囲気を作るということを配慮する、ということが大前提です。

あなたに好意があります、私に事を好きになってほしい、という自分のために使うのではなく、彼女のことをもっと知りたい、彼に安心して話して欲しいという、相手に心を開いてもらうためのミラーリングです。

心を開いてもらってから自分のことを知ってもらえば、より深く知ってもらえることと思います。

 

心理的優位なホームグラウンド効果

綺麗な夕日を見つめるカップル

野球やサッカーなどスポーツにおいて、ホームとアウェーがあります。

ホームグラウンドで戦う方が競技をする人の士気は上がり勝率が良いです。

これはスポーツに限らずどんな場面でも一緒で、自分の勝手知ったる場所で事に臨めることは相手がいる場合、心理的に有利に立てることが実証されています。

 

テネシー大学の心理学者が行った実験で、2人の学生に討論をしてもらい、学生の自分の部屋と相手の部屋で交互に討論を行いモニターし場所の条件によってどうなるかを調べたところ、自室の方が自由に意見を述べ、2人の意見が食い違う場面になった時、自室の学生の方に発言量が多くなるという結果得られました。

この結果によってホームグラウンドである方が心理的に威圧感を与え有利に立てることが分かりました。

 

婚活のお見合いやデートで、委縮しないでいつもの自分が出せるようにすることは、相手の方に自分の魅力を伝えるうえでとても大事なことです。

デートの日取りは、明日このラウンジでやります、みたいな予定の決め方はしません。

余裕をもって日時を設定します。

このデートまでの期間がホームグラウンドを作るチャンスです。

デートやお見合いの前にセッティングされた場所を一度下見に行く、できれば友達などを誘って一度食事などをして利用してみるとデートの時には初めての場所じゃなくなりますので、相手に心理的に有利な立場になり、心理的に安心感があれば緊張せずにお見合いやデートやお見合いに臨むことができます。

ただし、本気で意気込むあまり相手に威圧感を与えてしまわないようにご注意ください。

 

好印象や強さを与える視覚効果

ピンクのブーケ

物事の最後は明るく締めたほうが、全体の印象が良く見えるということは感覚的にわかっているかもしれませんが、実際に人の印象やあなたへの興味はずいぶんと変わります。

プレゼンなどで資料を使って説明するとき、プロジェクターなどを用いる場合部屋を暗くして行うことが一般的です。

照明を暗くしたままプレゼンを終えてしまい会を締めてしまうと、プレゼンの内容がいくら良くても暗いイメージが残ってしまい後日あまりいい印象を持たれていなかったということが良く起こります。

プレゼンをはじめ、講演なども発表が終わった後に、あえて一旦照明を明るくするのは印象をよくするための工夫です。

明るい光には人の印象を「明るい」「リーダーシップがある」「強い」などのエネルギーの溢れるイメージを持ちます。

婚活においては、デートの印象を相手の方が後日振り返った時に、明るく楽しかったものにしたいですよね。

デートの思い出が明るいものであればイメージの中でも魅力的に映りますし、また会いたいと思ってもらえる確率が高くなります。

 

婚活パーティーや合コン、お見合いやデートなどの別れ際の照明に気を使うとこの効果を得やすくなります。

昼間のデートなどの場合、太陽や強い光が差し込み周りより少し明るく見える場所で相手と対面して笑顔でお別れの挨拶をして、自分のイメージを明るい気分になるイメージとして残しましょう。

直射日光や強すぎる光が相手の目に入るような場合は、逆光になってしまいしっかり見てもらえない場合がありますので要注意です。

夜の場合や曇っていて外が明るくない場合は、相対的に明るくなればよいので、前の場面より明るくなる場所や街灯の下など、明るく見える場所を使いましょう。

 

婚活の心理テクニックのまとめ

 

ブーケを持つ花嫁

ここで紹介した心理術のテクニックの情報は、もちろん相手を意のままに操ろうというようなものではありません。

コミュニケーションツールの一つとして知っておくと相手の気持ちが推し量れたり、相手に安心感を与えて心を開いて、相手のことを良く知ったり、自分のことをしっかり理化してもらうため、また自分の魅力を十分に知ってもらうために有効なのです。

そのための第一段階として、相手との信頼関係を築くということが重要になってきます。

 

相手の方が慣れないデートで、趣味に関する簡単な質問をしても要領得ない解答だったり、無言になってしまったり、緊張で頭が真っ白になってしまっていることも良くあります。

ネットでいろいろな婚活サイトの体験談などを拝見していても、

「初めてのデートで緊張してしまってうまくお話しできず後悔した」

「私のことを知って欲しくて自分のことばかり話しすぎて相手に引かれてしまった」

というお話をよく目にします。

これはあなた自身にも相手の方にも起こりえるです。

 

せっかくマッチングして出会ったのですから、お互いにリラックスしてお話ができるといいですよね。

そんな時に心理術のテクニックを知っていると、安心できる材料になります。

心理術を知っているという安心感にも繋がりますし、相手の方を安心させてあげることができます。

実践して手応えがあれば、さらに上手にこのテクニックを取り入れることが出来るようになります。

そのうえで、相手のことを良く知ることができたら、今後のお付き合いにもプラスになりますので、コミュニケーションを円滑に進めるための大切なツールとして参考までに知っておいてもらえれば幸いです。

 

by   スタマリラボ編集チーム  Sotaro

Instagram のフォローお願い致します♡

ご成婚カップルのお写真や、他にインスタだけの写真掲載中♡是非フォローお願い致します!!